妊娠2ヶ月目の妊娠の不快感

妊娠2ヶ月目の妊娠の不快感


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

女性で起こっているホルモン革命のために、気分のむら、情緒不安定、気分の浮き沈みがよく見られます。妊娠2か月目の妊娠の不快感は、より明白になり始め、特定の方法で、妊婦の日常生活を混乱させる可能性があります。

妊娠中の女性の体へのホルモンの影響はあらゆる種類の変化につながりますが、妊娠のこの重要な段階で最も一般的な妊娠の不快感を軽減するための解決策があります。これらのヒントを使用すると、気分が良くなります。

倦怠感と睡眠の必要性長くて珍しい時間は、女性が妊娠の初めに経験する最も顕著な変化です。休息の要求は、生物の防御であり、これは、今後数ヶ月でそれを待っている過度の運動に備えています。

- つわりとめまい 彼らは妊娠2ヶ月の初めに現れることができます。

- 炎症 体液貯留の始まりの結果として現れ、唾液産生と排尿の必要性が増加する可能性があります。

- 胸が大きくなり始めます 少し痛いです。乳輪には、モンゴメリーの結節と呼ばれる小さな結節が見られます。

- 食べ物の味の変化 そして食欲の増加または減少において、それらはまた妊娠の始まりの典型です。食欲が旺盛な女性もいれば、何も食べられず、体重が減る女性もいます。

- あなたの感度は表面にあります。あなたは混乱し、不安を感じ、同時にとても幸せに感じるかもしれません。感情があなたに侵入し、涙が簡単に来ることがあります。

妊娠2か月目の妊娠の不快感は、胃、倦怠感、眠気に関連する問題によって特徴づけられます。

吐き気と嘔吐。症状を和らげるには、次のヒントを試してください。

1.朝に吐き気がするときは、前夜にナイトスタンドでクッキーをいくつか作り、ベッドで食べて血糖値を上げます。ベッドから出る前に数分待ちます。

2.吐き気が一日中悪化する場合は、一日にたくさんの少量の食事を食べてください。あなたが日中に少しずつそしてもっと頻繁に食べるならば、それらは避けることができます。脱水症状を避けるために、一日中少量の飲み物を飲み、タンパク質、炭水化物、健康的な脂肪が豊富な食事をとってください。飽和脂肪を避け、食事にビタミンB6(ピリドキシンとも呼ばれます)を多く含めます。ナッツ、バナナ、野菜、全粒穀物はこのビタミンが豊富です。

3.食後に嘔吐が起こった場合、どのような匂いや味が嘔吐の感覚を引き起こす可能性があるかを判断して、それらを回避することが重要です。歯磨き粉、コーヒー、またはタバコはいくつかのトリガーです。また、食後20分で歯を磨き、風味のある歯磨き粉は避けてください。

倦怠感と眠気。夜はできるだけ休んで寝るようにしてください。あなたの義務がそれを許すときはいつでも、昼寝をするか、座ってリラックスする時間を見つけてください。

あなたはに似た記事をもっと読むことができます 妊娠2ヶ月目の妊娠の不快感、病気のカテゴリ-現場での迷惑。


ビデオ: 妊娠初期に気をつけることまとめ (2月 2023).