カテゴリ 摂食障害

新生児恐怖症または子供が新しい食べ物を試すことを拒否する
摂食障害

新生児恐怖症または子供が新しい食べ物を試すことを拒否する

食物拒否は子供の発達の正常な段階です。子どもは、通常1歳から3歳の間で、見た目や質感が変わっても、まったく新しいものであっても、新しい食べ物や料理に対する恐怖を感じることがよくあります。これは、新生児恐怖症または子供の新しい食べ物の拒絶として知られています。 。

続きを読みます

摂食障害

子供は食べたくない

赤ちゃんは大人と比べて、自分のサイズに比べてはるかに多く食べます。このため、大人になる過程で遅かれ早かれ食生活が減り始めますが、生後1年くらいの変化の原因は成長率の低下です。 9ヶ月で食事をやめる子供もいれば、1年半から2年まで待つ子供もいます。
続きを読みます
摂食障害

これらは子供たちに多くの便秘を引き起こす食品です

乳児の便秘の症例に関する小児の相談はますます増えています。この障害を引き起こす原因の1つは、水分摂取量の欠如、子供の活動がほとんどなく、座りがちな生活様式であり、何よりも、食事に対する配慮が不十分です。子供に便秘を引き起こす食品とは何か、子供が便を通過するのに問題がある場合は何を避けるべきかを知りたいですか?
続きを読みます
摂食障害

子供のARFIDの診断:未知の摂食障害

子どものいわゆるARFID障害は、教育センターと保健センターの両方でまだ非常に不明であり、この概念を子どもの摂食障害に関連付ける方法をまだ知っている人はほとんどいません。そして、それを青年期の人口と関係させる傾向がある少数の人々は、子供のようにではなく、しばしば早期発見と治療を無視する傾向があります。
続きを読みます
摂食障害

新生児恐怖症または子供が新しい食べ物を試すことを拒否する

食物拒否は子供の発達の正常な段階です。子どもは、通常1歳から3歳の間で、見た目や質感が変わっても、まったく新しいものであっても、新しい食べ物や料理に対する恐怖を感じることがよくあります。これは、新生児恐怖症または子供の新しい食べ物の拒絶として知られています。 。
続きを読みます